本文へスキップ

外科・内科・肛門科・消化器内科・整形外科・リハビリテーション科・皮膚科・アレルギー科

電話でのお問い合わせはTEL.03-3424-0705

〒154-0001 東京都世田谷区池尻2-33-10

原発性腋窩多汗症(わきあせ)の治療

○原発性腋窩多汗症(わきあせ)

人間の体は、暑さや運動によって体温が上がりすぎることを防ぐため、必要に応じて汗をかき、かいた汗の蒸発とともに熱を発散するようにできています。
また、緊張やストレスなどの精神的な刺激も発汗の原因となります。多汗症の症状が現れやすいのは、手のひらや足の裏、わきの下、額など汗腺が密集している部分です。
わきの下に体温調節に必要な量を超える量の汗が出て、日常生活に支障をきたす状態を「原発性多汗症」といいます。重度の腋窩多汗症は医療機関にて治療できます。

原発性腋窩多汗症の診断基準

○原因不明の過剰な脇の汗が半年以上前から続いている。
○さらに以下の6項目のうち、2項目以上に当てはまる。
・両脇で同じくらい多くの汗をかく
・わきの汗が多いため日常生活に支障が生じている。
・週に1回以上、わきの汗をかくことがある。
・このような症状は25歳より前に生じた。
・同じような症状の家族・親せきがいる。
・眠っているときはわきの汗がひどくない

○原発性腋窩多汗症の治療方法

外用薬 塩化アルミニウム液などを有効成分とする薬をわきの下に塗ります。
ボツリヌス療法 ボツリヌス菌が作る天然のたんぱく質を有効成分とする薬をわきの下に注射します。1回注射すると効果が4~9か月持続するので、年に1~2回の治療で汗を抑えることができます。
内服薬 抗コリン剤、漢方薬などが使用されます。
手術 神経を切断する手術や、汗腺を除去する手術があります。重症でかつ、上記の方法で効果がみられなかった場合に実施します。
その他 レーザー療法、精神療法などがあります。

○ボツリヌス療法が汗を抑える仕組み

ボツリヌス療法は、ボツリヌス菌が作る天然のたんぱく質から精製された薬をわきの下に直接注射する治療法です。この薬が交感神経から汗腺への刺激の伝達をブロックし、発汗を抑えます。


○ボツリヌス療法の効果の持続期間

汗を抑える効果は通常、治療後2~3日であらわれ、4~9か月にわたって持続します。効果の程度や持続期間には個人差があります。完治を目指す治療法ではありませんので、症状がふたたびあらわれたときは、改めて治療を行います。

○ボツリヌス療法の副作用

注射後、まれに次のような副作用を生じることがあります。多くは一時的なものですが、程度が強い場合など、気になるときには医師に相談しましょう。
・注射部位がはれた、赤くなった、痛む
・体がだるい
・ワキ以外の部分で汗が増えた

○治療前の注意点

以下の項目に当てはまる方はボツリヌス療法を受けられません。
・全身性の筋力低下を起こす病気(重症筋無力症、ランバート・イートン症候群、筋萎縮性側索硬化症などのある方
・妊娠中あるいは授乳中の方、妊娠している可能性のある方
・この治療により発疹などのアレルギーを生じることがわかっている方

また、以下の項目に当てはまる方はボツリヌス療法を受ける前に医師に申し出てください。
・ボツリヌス療法を受けた経験がある方
・現在何らかの薬を使用している方(市販薬含む)
・慢性的な呼吸器の病気(ぜんそくなど)がある方

○ボツリヌス療法の料金の目安

ボトックス(グラクソ社、日本での承認あり) 約30000円(3割負担)
ニューロノックス(韓国製、日本での承認なし) 21600円(初診or再診料のぞく)

Furuhata Hospital古畑病院

〒154-0001
東京都世田谷区池尻2-33-10
TEL 03-3424-0705
FAX 03-3424-0708