本文へスキップ

外科・内科・肛門科・消化器内科・整形外科・リハビリテーション科・皮膚科・アレルギー科

電話でのお問い合わせはTEL.03-3424-0705

〒154-0001 東京都世田谷区池尻2-33-10

いぼ(尋常性疣贅)

○いぼ(尋常性疣贅)とは?

いぼ(尋常性疣贅)はヒト乳頭腫ウィルスの感染症で、子供の手や足に多く見られます。自然に治ることもありますが、逆にいじることなどにより増えてくる場合もあります。成人の重症例や難治例では免疫機能を低下させる基礎疾患に合併していることがあるため、注意が必要です。

○いぼ(尋常性疣贅)の日常生活での注意点

いぼ(尋常性疣贅)はウィルス感染症で感染経路は微小な創傷からの直接感染と考えられています。したがって爪の周りのいわゆるささくれができる部位などによく見られます。皮膚の荒れは疣贅が増える可能性がありますから同時に治療する必要があります。また疣贅を必要以上にいじることは感染の拡大につながりますのでやめましょう。他人への感染は直接接触ではありえないとはいえませんが日常生活で他人に移す可能性は低く、あまり気にする必要はないでしょう。器物を介しての感染は気にする必要はありません。 いぼ画像

○いぼ(尋常性疣贅)の治療

○液体窒素による凍結療法
最も一般的に行われている治療法です。
○難治例
モノクロロ酢酸による腐蝕療法
ブレオマイシン(抗がん剤)の局所注射
グルタルデヒド外用療法
DNCB感作療法
○全身療法
ヨクイニン(漢方薬)
タガメット(胃薬、腎機能障害者には使用しません)


当院では赤文字の治療を中心に行っています。
液体窒素による治療

Furuhata Hospital古畑病院

〒154-0001
東京都世田谷区池尻2-33-10
TEL 03-3424-0705
FAX 03-3424-0708