本文へスキップ

外科・内科・肛門科・消化器内科・整形外科・リハビリテーション科・皮膚科・アレルギー科

電話でのお問い合わせはTEL.03-3424-0705

〒154-0001 東京都世田谷区池尻2-33-10

じんましん

○じんましんとは?

蚊に刺されたようなみみず腫れが皮膚にたくさんでき、強いかゆみを伴って、多くの場合は急にできて数時間のうちにあとを残さずに消えます。

○じんましんの発生機序

皮膚の奥のほうにある部分で炎症が起こり、血管から血液の成分の一部が漏れ出るため、皮膚にふくらみができます。
短時間で消えることが多いですが、炎症が長引くとここに白血球が集まり、これらの白血球が出すものが炎症をさらに悪化させ、皮膚の症状を長引かせます。
蕁麻疹のメカニズム
刺激によりマスト細胞からヒスタミンが遊離し血管に作用し、血管が拡張するとともに血漿が血管から真皮に漏れ出して皮膚の発疹や膨疹を引き起こします。

○じんましんの原因

食物・薬物・感染・ストレスなど多種多様です。
急性じんましんでは、アレルギーの関与している割合が高く、原因が確定されることが比較的多いようですが、慢性じんましんでは、アレルギーが関与するものは少ないといわれており、原因の確定も困難です。
アレルギー性 非アレルギー性
内因性 病巣感染アレルギー
風邪などの感染症
虫歯など
ストレス
肝臓・胆嚢・脾臓などの内臓の炎症
外因性 食物アレルギー(肉・魚介類・卵・牛乳・小麦など)
薬物アレルギー
ダニ・ほこり・カビなどのアレルゲン
エビ・卵などの原因物質に触れるなど
ひっかく・皮膚の圧迫
温度(温熱・寒冷)
日光
薬(アスピリン不耐症など)
仮性アレルギー
(ヒスタミンに似た働きをする物質(痛んだ青魚・ほうれんそう・なす・そば・たけのこ・やまといもなど)を食べることでじんましんが起こることがあります。)

○じんましんの治療

原因物質であるヒスタミンの働きを抑える薬を内服します。副作用として眠気や口渇感、だるさが出現することがありますので、服用中は自動車運転や危険な機械の操作は注意が必要です。眠気の少ない薬をご希望の方はお申し出ください。症状の激しい急性じんましんや特殊な症状を示すじんましんにはステロイドの内服・点滴を投与する場合もあります。

薬はすぐに中止せずに徐々に服用回数を減らしてしばらく続けることが重要です。抗アレルギー剤、抗ヒスタミン剤には種類が豊富ですので症状が改善しないときは薬の変更・併用が重要です。担当医にご相談ください。

○じんましんのセルフケア

○原因を避けましょう
食物・薬物・感染症など考えられる原因を除去しましょう。その他の病気の合併症(糖尿病など)で起こる場合は、合併症の治療を行いましょう。

○規則正しい生活を心がけ、休息・睡眠を充分にとりましょう

○ストレス解消に努めましょう。

○暴飲暴食を避けましょう
香辛料、刺激物、アクの強い食品は原因でなくてもかゆみを増悪し、蕁麻疹を悪化させるので制限するようにしましょう。

○じんましんがおきても掻かないようにしましょう
・患部を軽く冷やしましょう。
・熱いお風呂につかるのはやめましょう。
じんましんがおきているときに熱いお風呂に入ると余計腫れたりかゆみが増したりします。ぬるめのシャワーをさっと浴びる程度にとどめておきましょう。また入浴時にタオルでごしごしこすらないようにしましょう。

Furuhata Hospital古畑病院

〒154-0001
東京都世田谷区池尻2-33-10
TEL 03-3424-0705
FAX 03-3424-0708