本文へスキップ

外科・内科・肛門科・消化器内科・整形外科・リハビリテーション科・皮膚科・アレルギー科

電話でのお問い合わせはTEL.03-3424-0705

〒154-0001 東京都世田谷区池尻2-33-10

伝染性膿痂疹(とびひ)

○伝染性膿痂疹(とびひ)とは?

「とびひ」の正式な病名は「伝染性膿痂疹(でんせんせいのうかしん)」といいます。 細菌が皮膚に感染することで発症し、人にうつる病気です。 かきむしった手を介して、水ぶくれ(水疱(すいほう))があっという間に全身へ広がる様子が、火事の火の粉が飛び火することに似ているため、「とびひ」と呼ばれています。
とびひには2種類あります。
①水ぶくれができるもの(水疱性膿痂疹(すいほうせいのうかしん))
皮膚にできた水ぶくれが、だんだん膿(うみ)をもつようになり、やがて破れると皮膚がめくれてただれてしまいます。かゆみがあり、そこを掻いた手で体の他の部分を触ると、
症状が体のあちこちに広がってしまいます。
とびひの多くはこのタイプで、黄色ブドウ球菌が原因です。


②かさぶたができるもの(痂皮性膿痂疹(かひせいのうかしん))
皮膚の一部に膿をもった水ぶくれ(膿疱(のうほう))ができ、厚いかさぶたになります。
炎症が強く、リンパ節が腫れたり、発熱やのどの痛みを伴うこともあります。
主に化膿レンサ球菌が原因となりますが、黄色ブドウ球菌も同時に感染していることが多いです。

○伝染性膿痂疹(とびひ)の治療法は?

とびひの治療には、主に抗生物質を使います。また、必要に応じてかゆみを抑えるお薬なども使われます。

○伝染性膿痂疹(とびひ)の日常生活の注意点は?

○患部をかいたりいじったりしない

とびひは、患部を触った手を介して症状が体のあちこちに広がることがあります。
患部に触らないように注意し、引っ掻かないよう爪を短めに切るようにしましょう。

○皮膚を清潔に保つ

原因となる細菌を減らすため、入浴して皮膚を清潔に保つことが大切です。
患部はこすらず、石けんをよく泡立て、泡でていねいに洗い、その後はシャワーでよく洗い流しましょう。

○タオルや衣類は共用しない

タオルや衣類を介してとびひがうつることもあります。
共用しないようにしましょう。

○鼻をよくかみましょう

鼻の中の菌を少なくします

○プールに入ってもよいの?

とびひは病変部が露出するため、ほかの子供にうつすおそれがあります。 プールはとびひが完全に治るまで我慢しましょう。

○スキンケアをしっかりと

皮膚のバリア機能を補強するために
普段から保湿剤をしっかり塗布しましょう。
また、虫刺されや外傷、かぶれなどを放置せずに外用薬で早めに治療しましょう


Furuhata Hospital古畑病院

〒154-0001
東京都世田谷区池尻2-33-10
TEL 03-3424-0705
FAX 03-3424-0708