本文へスキップ

外科・内科・肛門科・消化器内科・整形外科・リハビリテーション科・皮膚科・アレルギー科

電話でのお問い合わせはTEL.03-3424-0705

〒154-0001 東京都世田谷区池尻2-33-10

ルビーレーザーでのしみ治療

ルビーレーザーの治療対象

ルビーレーザー光線はメラニン色素によく吸収されます。周囲の他の正常組織には、ほとんど吸収されません。レーザー光線を吸収したメラニン色素は熱により破壊されます。このため、メラニン色素の異常に集まっている皮膚の異常が、治療の対象となります。具体的には「茶あざ」、「黒あざ」「青あざ」、「しみ」であり、「赤あざ」は、 他のレーザー光線を用います。

ルビーレーザー治療の仕組み

レーザー光線によって皮膚のメラニン色素を熱破壊するのがこの治療法です。このため、メラニン色素が蒸散するときに周囲の正常組織も「やけど」を負うことになります。
この「やけど」の治療をきちんと行わないと治療は成功しません。
レーザー治療の成否はレーザーを照射したあとの方が重要といっても過言ではありません。 医師の指示に従って下さい

ルビーレーザー治療の経過と副作用


しみ照射前 しみ照射後 しみ照射後2週間
照射前 照射後1日 照射後2週間
カサブタになり
黒くなります
カサブタがとれました
このあと、1か月後ほどで炎症後の色素沈着が起こる場合があります。
ハイドロキノンという美白剤をこすらないよう塗っていただくと、徐々に薄くなっていきます。
照射後は日焼けに注意してください。

施術手順

1)剃毛
産毛などが濃い方は毛をそります。

2)照射
痛みは輪ゴムで弾く程度ですが、痛みには個人差があります。

3)クーリング
冷たいシートで約3分冷却し、ほてりや炎症を抑えます。

レーザー施術後のホームケア

レーザー照射当日は、できるだけ患部を濡らさないようにしてください。

次の日からご自身で次の処置をしてください。

1)ガーゼとテープを貼布したまま、洗顔・洗髪をします。このとき創部以外のマスカラやアイラインなどのポイントメークは、事前に専用のリムーバーで落としておきましょう。(この時も決してこすらないように、皮膚表面の産毛をなでるように、また皮膚が動かない程度の力で洗います。)

2)濡れたテープとガーゼをゆっくり剥がし、石鹸をよく泡立てて、創部をなでるように洗う。

3)石鹸成分をよく洗い流し、押さえるようにタオルで拭ってから、綿棒を使って軟膏を塗り、ガーゼ保護をしてください。レーザー照射部位以外は普段と同じようにメイクしてかまいません。

4)かさぶたが取れた後に日焼けをすると、シミとなりますので、医師の指示通り処置を行い、 絶対に日焼けしないようにしてください。特に日光に当たるとほとんど赤くならずに黒く日焼けするタイプの肌の方は色素沈着を起こしやすい傾向にあります。また、照射前に日焼けしている方も高い確率で色素沈着を起こしますので、ご承知下さい。


施術料金

現在シミ1こ(1センチ大まで)10500円にて治療しています。
(別途ガーゼとテープ代金1050円かかります)
お気軽にご相談ください。

Furuhata Hospital古畑病院

〒154-0001
東京都世田谷区池尻2-33-10
TEL 03-3424-0705
FAX 03-3424-0708