本文へスキップ

外科・内科・肛門科・消化器内科・整形外科・リハビリテーション科・皮膚科・アレルギー科

電話でのお問い合わせはTEL.03-3424-0705

〒154-0001 東京都世田谷区池尻2-33-10

みずいぼ

○みずいぼとは?

伝染性軟属腫ウィルスの感染が原因で、プールなどの直接接触で感染します。子供に多い病気です。1~5mm程度の光沢のあるいぼができます。
いぼの中央にくぼみがあり、その中にある白い芯のような部分にウィルスが多く含まれています。
免疫ができるまで半年~2年ほど出続けることがあり、周りの子供にうつしてしまうこともあるので、しっかりと治療しましょう。

胸やおなかなどの皮膚の薄いところや、わきの下などのこすれやすいところによくできます

○水いぼの治療法は?




専用のピンセットでみずいぼを摘み取る方法が一般的です。
この治療では摘み取る際に痛みを伴うことが多いため、麻酔のテープ剤を使用する場合があります。
(麻酔テープの使用中に気分が悪くなったり、呼吸がぜいぜいしてきたら、すぐに病院に連絡をください。)
そのほかにも、液体窒素や、ヨクイニンという漢方薬を使用する場合があります。

○水いぼはとらないといけないの?

水いぼは放置していても自然に治りますが、それまでに長期間(2か月から2年くらい)かかります。
その間にほかの場所にうつったり、ほかの人にうつしたりすることがあります。
また、かゆみを伴うことがあって、かきこわし、とびひなどほかの皮膚の感染症にかかったり、アトピー性皮膚炎がひどくなったりすることがあるので、水いぼの数が少ないうちにとっておいたほうが良いでしょう。。

Furuhata Hospital古畑病院

〒154-0001
東京都世田谷区池尻2-33-10
TEL 03-3424-0705
FAX 03-3424-0708