本文へスキップ

外科・内科・肛門科・消化器内科・整形外科・リハビリテーション科・皮膚科・アレルギー科

電話でのお問い合わせはTEL.03-3424-0705

〒154-0001 東京都世田谷区池尻2-33-10

ヘリオケア ウルトラ

○飲む日焼け止め(ヘリオケア ウルトラ)とは?

ヘリオケアカプセルは、2002年にスペインのCantabria社から発売されました。
その後、ヨーロッパや韓国の皮膚科で広く使用され2012年には34か国以上で販売されています。

○ヘリオケアの効果は?

主成分のフェーンブロックが、日焼けによる赤み、皮膚のダメージを軽減します。
また、皮膚がんのリスクを減らす効果もあります。
主成分のフェーンブロックはシダ植物の一種から抽出された天然由来の成分で、
炎症を抑える効果もあり、皮膚疾患の治療にも使われています。
紫外線防御作用は内服から約30分後に発揮され、2.5時間後にも有効であることが臨床試験によって確認されています。さらに長時間にわたって効果が持続すると考えられています。

○ヘリオケアの使用方法

日光を浴びる30分前に1カプセル服用します。
長時間日光を浴びる場合は4時間後に1カプセルを追加内服してください。
また、サプリメントとして摂取する場合は毎朝1カプセル服用します。

○ヘリオケアの成分は?

フェーンブロック 480mg
ビタミンD
ビタミンC
ビタミンE
ルテイン
リコピン       配合
化学薬品は使用していません

○SPFについて

SPFは紫外線B波(UVB)の防御効果を示す一般的な指標ですが、経口剤の場合の紫外線防御因子を測定することができません。
ヘリオケアの有効成分のフェーンブロックは経口紫外線防御剤として、
主に長期的損傷(光老化および皮膚がん)に関して最も危険な紫外線A波(UVA)に対する防御効果を有することが証明されています。

○よくある質問

○子供でも服用できますか?
4歳以上を推奨しています。
この年齢から、子供の体はサプリメントを服用するのに十分発達していると考えられています。

○妊娠中の服用は安全ですか?
毒性はありませんが、一般的な経口剤と同様に、妊娠中または授乳中の使用は推奨されません。

○副作用はありますか?
シダ植物Polypodium Leucotomos(フェーンブロック®)は中央アメリカとヨーロッパにおいて、アトピー性皮膚炎、乾癬及び白斑の治療に25年以上前から伝統的に使用されていますが、いずれにおいても副作用は認められていません。

○冬でも紫外線対策は必要ですか?
冬にはUVBは弱まりますが、酸化ストレスや免疫抑制の原因となるUVAは、季節や天候を問わず一年中変化しません。
UVAは皮膚の深部に浸透してダメージを引き起こすため、
年間を通して紫外線から皮膚を守ることが大切です。

○日焼け止めの塗り薬だけではダメ?
市販の日焼け止めを外用して、表示のSPF値の効果を得るのに必要な最小用量は皮膚表面積に対して2mg/cmです。しかし、実際にはこの4分の1程度しか使用していない場合が多いため、製品ラベルに表示された防御力の20~50%しか得られていないと考えられます。
ヘリオケアは、このような日焼け止め外用剤の弱点を補い、組み合わせることにより紫外線を強力にブロックすることができます。経口タイプのため、外用剤のような塗り直しの必要がなく、全身の皮膚を保護し、安全かつ簡単に使用することができます。

○ヘリオケアの価格

30カプセル:6480円(税込)
ご希望の方は皮膚科を受診してください

Furuhata Hospital古畑病院

〒154-0001
東京都世田谷区池尻2-33-10
TEL 03-3424-0705
FAX 03-3424-0708