予防接種(各種ワクチン摂取案内)

肺炎球菌ワクチン(助成あり:4000円、なし:6700円)


世田谷区の肺炎球菌ワクチンの補助制度が変わりました
平成20年10月1日以降は定期接種となりました。
下記以外で肺炎球菌ワクチン予防接種希望の方は自費となります。

【対象者】

*平成26年度に65・70・75・80・90・95・100歳となる方
  (平成30年度まで各年度実施)

*60~65歳未満で、次の内臓系基礎疾患のある方
  (心臓・腎臓・呼吸器・ヒト免疫全ウィルスによる免疫機能障害)
  (身体障害者手帳1級相当)

*1人1回のみ3000円の補助があります。

*5年以内に肺炎球菌予防接種を受けている方

*脾臓を摘出したため健康保険の適用により予防接種を受けることが可能な方

【肺炎球菌とは?】

肺炎球菌は肺炎、中耳炎、副鼻腔炎、気管支炎、髄膜炎などを起こす細菌の一つです。特に、高齢者の肺炎の約半数は、肺炎球菌が原因とされています。

【肺炎球菌ワクチンとは?】

肺炎球菌には、80種類以上の型がありますが、肺炎球菌ワクチン接種により、そのうち23種類に対して免疫をつけることができます。 接種により、肺炎球菌による肺炎の8割に効果があるといわれています。 ワクチンの効果は5年以上にわたって持続するといわれています。 ワクチンの接種後、免疫ができるまでに約3週間かかります。
 
  *65歳以上の方には肺炎球菌ワクチンの接種をお勧めします
 
  *ご希望の方は、10時〜16時までの間にお電話でご予約頂いた上ご来院ください