リハビリテーション科

【リハビリテーション科のご紹介】

当院では、充実したリハビリを提供するために予約制度を設けております。
骨折や腰痛・リウマチなどの骨関節疾患、脳血管疾患・パーキンソン病などの中枢神経疾患、慢性閉塞性肺疾患、気管支ぜんそく、肺がん術後などの呼吸器疾患をはじめ認知症、高次機能障害(記憶障害・注意障害・遂行機能障害・社会的行動障害)、神経難病や廃用症候群による全身筋力低下、足腰の衰え、疼痛疾患、急性期治療における全身管理などの疾患に対して、専門のスタッフがリハビリテーションを行います。

*入院および外来患者様の機能回復が早期に図れるよう、経験豊富な「理学療法士」「作業療法士」「言語聴覚士」が施術をしております。

肩や腰、膝などの痛みでお悩みの方々、他院で手術や治療を受けた方々や脳卒中後遺症(言語障害、高次脳機能障害)に対する外来リハビリにも柔軟に対応しておりますので、お気軽にご相談ください。
リハビリテーションセンターが地域の皆様の機能回復をお手伝いできるよう、今後も努力して参ります。

【受付時間】



【理学療法とは】

日常生活動作(ADL)の改善を図り、最終的にはQOL(生活の質)の向上をめざします。
そのために、何らかの原因で寝返る、起き上がる、座る、立ち上がる、歩くなどの運動機能が低下した状態にある人々に対し、運動機能の維持・改善を目的に運動や温熱、電気などの物理的手段を用います。
(日本理学療法士協会HPより引用)



【作業療法とは】

食べたり、入浴したり、人の日常生活に関わるすべての諸活動を「作業」と呼んでいます。
こうした作業能力に問題がある方々の基本的な運動能力から、社会の中に適応する能力まで「基本的動作」「応用的動作」「社会的動作」の能力を維持、改善し「その人らしい」生活の獲得を目標にします
(日本作業療法士協会HPより引用)



【言語聴覚療法とは】

話す、聞く、表現する、食べる…。誰でもごく自然に行っていることが病気や事故、加齢で不自由(言語障害・音声障害・嚥下障害)になることがあります。こうした問題がある方々の社会復帰をお手伝いし、自分らしい生活ができるよう支援します。
(日本言語聴覚士協会HPより引用)



【リハビリテーションスタッフ】