消化器内科

消化器内科とは、食べ物が入ってから出るまでの臓器(食道・胃・小腸・大腸)とそれに連なる唾液線や肝臓、膵臓、胆のうなど消化・吸収に関係する領域の診断・治療を中心としています。
当院では迅速な検査・診断のため、内視鏡検査および超音波検査は消化器外科・消化器内科専門医が行っております。

具体的な疾患:胃炎、慢性胃炎、胃腸炎、逆流性胃腸炎、消化性潰瘍(胃潰瘍・十二指腸潰瘍)、大腸ポリープ、 食道がん、胃がん 、大腸がん、大腸炎、直腸炎、過敏性腸症候群、便秘症、アニサキス症など

【費用の目安】


*上記は検査単体の費用で、組織の検査をしたり、処置をしたりした場合はあてはまりません 検査結果により薬の処方した場合も同様です


【上部消化管内視鏡検査(胃カメラ)】

これまでは、口からの胃カメラが主流で、舌の付け根を通る時に強い不快感がありました。
当院では、直径が約5mmの内視鏡を鼻から入れることで不快感が少ない内視鏡検査を行っています。 日本人に多い胃癌,喫煙者やアルコール多飲者に多い咽頭・食道癌を早期に発見することができます。
進行癌になる前に,早期発見し,早期治療しましょう。



こんなときは胃カメラ

  • 便潜血検査で陽性であった
  • 吐血・黒色便を認める
  • 胸やけ、喉の通りが悪い
  • みぞおちの痛みがある
  • 空腹時や食後の痛みがある
  • 体重減少を認める
  • 腫瘍マーカーの上昇を指摘された
  • 血縁者に胃がんの人がいる
  • バリウム検査で異常を指摘された
  • お酒をたくさん飲む(特に赤くなる人)
  • タバコを吸う
  • 慢性胃炎・ピロリ菌がいる

  • *ひとつでも当てはまる方は、胃カメラを行いましょう

    【下部消化管内視鏡検査(大腸カメラ)】

    大腸癌は、食生活の欧米化によって日本人にも増えつつあり女性の死因の第1位になっています。 大腸癌も早期に発見すれば,内視鏡で治癒する可能性が高い病気です。検査を強くお勧めします。

  • 便潜血検査で陽性であった
  • 血便を認めた
  • 便秘である
  • 体重減少を認める
  • 腫瘍マーカーの上昇を指摘された
  • 血縁者に大腸がんの方がいる
  • バリウム検査で異常を指摘された
  • 下痢が改善しない
  • 腹痛を認める

  • *ひとつでも当てはまる方は、胃カメラを行いましょう